拡大鏡を使う時って

むし歯治療と、つめものやかぶせものをする時
よく見えるので、どこまでが虫歯でどこからが健康な歯かを見極めて、できるだけ削らずないむし歯治療ができます。また、つめものやかぶせものの境目も、できるだけ段差が出ないように作ることができます。


セット前に仮歯を入れて、歯周治療をしながら歯ぐきの治りを観察する時
歯と大きさが合っていないかぶせものがお口の中にある場合、歯とかぶせものの境目に段差ができてしまいます。すると、その段差部分に汚れやプラーク(歯垢)がたまり、細菌がたくさんすみついて歯ぐきの炎症が起きやすくなります。こうなると、いくらブラッシングを一生懸命やっても改善されません。また、プラークは常にたまりやすい状態です。
これを改善するには、いったんかぶせものをはずします。そして、歯との段差のない、歯とスムーズに移行するようなぴったり合う仮歯を作ってから、スケーリングやブラッシングをして歯ぐきを正常な状態に治します。歯ぐきの状態が正常になったところで、最終的な(正式な)かぶせ物用の印象(型)をとって創ります。すると、ピッタリと合って隙間がなく、虫歯が再発しにくくなります。歯とかぶせ物の境目の段差を見るとき、仮歯や最終的なかぶせ物を作るときなど、全ての工程で拡大鏡が活躍します。
歯の根の治療をする時
むし歯が進行しすぎて腐ってしまった歯の神経を除去するのが、歯の根の治療(根管治療機器)です。歯の根の内部は複雑に入り組んでいることが多くて、神経の取り残しがあると、そこからまた痛みが出てくることがあります。見つけにくい歯の根の管を見つけるのにも、神経の取り残しを防ぐのにも、歯科用拡大鏡が役に立ちます。
歯が折れてしまっている部位を見つける時
むし歯もないし歯周病もない。他にも特に原因や問題はなさそう…なのに歯がしみる場合。肉眼で見て分からなくても、拡大鏡で見ると、歯が折れたり欠けたりしているのが見つかることがあります。

黒い歯石の除去方式について

超音波スケーラーによる歯石除去

超音波スケーラーは歯肉縁上、歯肉縁下両方の歯石除去で使われる歯科用機器です。

毎秒25,000~40,000回の振動で歯石を分解しながら除去するので、歯にこびりついた黒い歯石にも有効です。しかし振動回数が多いため、歯周ポケット内や、より細かい作業が必要な箇所では手用スケーラーを併用して除去をおこないます。

黒い歯石は歯への付着力が強く、除去には時間がかかるので、何回かに分けて歯石除去を行います。

フラップ手術による外科治療

フラップ手術とは、歯茎を切開し歯の根元にこびりついた歯石を除去する外科的治療法です。歯周ポケットが深くなりすぎて、スケーラーでは届かないところにまで歯石が付着ししまっている場合に行う手術です。歯周病の症状がひどい場合に行います。

自分で除去する

歯茎の根元に付着している歯石は、根気強く頑張れば自分で取ることも可能です。

しかし、歯周ポケットの奥深くにできている歯石は自分では取れませんし、無理に取ろうとすると歯のエナメル質を傷つけてしまい、大変危険です。

特に、黒い歯石は歯にこびり付いているので歯医者さんで取ってもらうことを強くおすすめします。

 

歯の表についた着色汚れを落とすように

1.ホワイトニング歯磨き粉で磨く

多くの歯磨き粉には研磨剤といって、歯の表面の着色汚れを削ってキレイにする成分が含まれています。

更に最近ではこの研磨成分に様々な工夫をしたり汚れを浮かせて落とすような補助成分を入れて効果的に着色を落とせる歯磨き粉も販売されています。

2.歯の消しゴムを使う

歯磨き粉に含まれる研磨成分を凝縮した歯専用の消しゴムがあります。

お掃除に使うメラミンスポンジをイメージしてもらうとわかりやすいでしょうか。

これも研磨性の強い歯磨き粉同様歯を傷つけてしまうので注意が必要です。1週間に1回くらいの使用がいいでしょう。

3.歯科医院でクリーニングを受ける

どうしても落ちない汚れがある場合は歯科用ホワイトニング機器に任せましょう。

歯周病治療からヤニ取りまで!歯のクリーニングの全知識で詳しく解説していますが、特に汚れが固まってできた歯石は自分では取ることができないばかりか細菌の温床になります。

表面の頑固な汚れも落とすことができるエアフローという器具を使っている医院がおすすめです。

4.エステサロンでセルフホワイトニングをする

最近では歯科医院ではなくエステサロンでおこなうセルフホワイトニングがあります。重曹やポリリン酸などを使って歯の表面の汚れを落とす効果はある程度期待できます。

 

超音波スケーラーについて

皆さん、今日は 歯石除去のとき、よく使うしか機械について、紹介させていただきいます。

歯医者で歯石除去をしてもらう際に使われる器具をご存知ですか?
手用で歯石を除去するものもありますが、よく使われているのが超音波スケーラーです。

超音波って?
ヒトに聞こえる周波数はおおよそ30kHz~20kHzといわれています。ヒトの聴覚ではとらえられない周波数の高い音波のことを【超音波】といいます。

どうして汚れが落ちるのか?
超音波の振動によって歯石を粉砕して歯の表面から歯石をはがします。超音波振動によって熱が発生するので、その際に水も一緒に超音波スケーラーから出ます。この水は細かい噴霧状で水滴の内部は真空であり、その気泡が破裂する際にエネルギーを発散するため、歯周ポケット内に残った歯面から除去された歯石や沈着物を洗浄する役割があります。

注意点
超音波特有の音や振動があるため、知覚過敏のような痛みが伴う可能性があります。

もし、ほかの歯科機械を了解したいなら、是非、当サイトにお問い合わせください。

歯科用虫歯診断の精度を上げる

先日、できるだけ削らない虫歯治療には、3つのことが必要だと書きました。

①削る前の虫歯のマネジメント(原因療法と再石灰化療法)

②削るか削らないかの適切な診断

③削る場合のミニマルインターベンション(最小限の侵襲)

できるだけ削らない虫歯治療を行う場合には.(歯髄診断器 歯科)

②の診断が非常に重要で、難しくなると言えます。

削らずに経過を診ていたら、内側でかなり進行しているという場合があるからです。

虫歯として怪しいものはすぐに削る治療を行うというような場合よりも、虫歯の見逃しが多くなってしまうというジレンマがあります。

できるだけ削らない虫歯治療を行う場合には、このような進行虫歯の見逃しを避けなければなりません。

私達が目指す目的は、虫歯を削らないことではなく、私達の介入により、その歯をできるだけ良い状態で長持ちさせることです。

従って、削った方が良い場合には、的確に診断し、勇気を持って削る決断をしなければなりません。

しかし、その診断は非常に難しい場合がありますので、

私達は、いくつかその診断基準を持つようにしています。

その一つとして、当院ではデジタル画像診断器を用いています。

当院では、いくつか診断器の種類がありますが、

最近は、ケスラースカムという画像診断器を用いることが多くなっています。

これは、虫歯菌の産生するポルフィリンという物質を検出して虫歯の範囲という深さを画像と数値で検出してくれます。

歯科用虫歯診断の精度を上げる
この歯を、ケスラースカムを使用すると次のようになります。

数値が1.5以上の部位は、進行虫歯で、再石灰化は難しい部分だと考えられています。

従って、虫歯を削ることを選択することになります。

もちろん、これがすべてではありませんが、有益な情報となります。

また、患者さんにとっても、

なぜ削らなければならないかを視覚的に認識できるので、

分かりやすくて安心するという声を頂いています。

色が着いてるだけなのか、本当に除去しなければならない虫歯なのかを根拠を持って診断できます。

数値が1.5以上の部位は、進行虫歯で、再石灰化は難しい部分だと考えられています。

従って、虫歯を削ることを選択することになります。

もちろん、これがすべてではありませんが、有益な情報となります。

また、患者さんにとっても、

なぜ削らなければならないかを視覚的に認識できるので、

分かりやすくて安心するという声を頂いています。

色が着いてるだけなのか、本当に除去しなければならない虫歯なのかを根拠を持って診断できます。

このようなケスラースカムを用いることにより、虫歯診断器の精度が上がりました。

『本当に歯を削らなければなりませんか?』

という患者さんの疑問に、明確に回答できるようになりました。

削る必要がある場合には、ミニマルインターベンションの概念の下、できるだけ削る量を減らした治療を行います。

当院では、このような進行虫歯に対しても、ドリルを使用せずに、痛みなく治療することができるようになりました。

その治療方法についてはまた後日ご紹介致します。

詳細を見る:

https://www.oyodental.jp/

歯科高速エアタービンハンドピースの使用について

今回は歯科高速エアタービンハンドピースセットの使用について説明致します。

まずは、このセットについて、簡単に紹介します。

この歯科高速エアタービンセットにはハンドピース 3本があります。金色標準ヘッドの高速ハンドピース 2本と銀色 トルクヘッドLED付きのハンドピース 1本があります。これらはさまざまなニーズを満たすことができます。

使用注意に関して、下記の四点があります。

COXO®歯科用ライト付き高速タービンハンドピースCX207-GK-TP

1、HIVやB型肝炎及びその他深刻な感染症に対するため、ハントピースは患者ごとに必ず減菌してください。

2、必ず、LY®歯科高速エアタービン(歯科医療器具販売)の清掃は、外装部やヘット内に付着した異物は乾燥する前に行ってください。

3、手入れを怠るとカートリッジのベアリングが焼き付き、回転不良、異音、芯ブレ、振動など様々なとなぶるの原因となりますので、手入れの場合、必ず、取扱説明書に従ってください。

4、、LY®歯科高速エアタービン装着時にホースとジョイントが確実に締まっていてください。確実に装着しないと、エアー圧力で、チェーブが抜け人身に危害を与える恐れがありますので、患者の口腔外で回転させて、確実装着しているを確認してください。

また、当サイトでは口腔用 光照射器もあります。

ハンドピース歯科用を長く使えるように

まだ使い捨てのハンドピース 歯科を普及していない歯科病院にとっては、ハンドピースの寿命を大切にしているはずなんだと思いますが、歯科ハンドピースを長く使えるようにどうすればいいのか知っていますか。業界では誰でも知って言いますが、ハンドピース(タービン 歯科用)は歯科病院にとってとても欠かせない重要な武器ともいえるんです。では、早速城はハンドピースを長く使えるように注意ごとについて少し検討していきましょう。

1.ハンドピースを使う前には、コンプレッサーからのエアーが水やオイルなどがないことが確認しておきましょう。そして、ユニットやチェアから出てくる水が異物のないように、注意してください。そのほか、チェアの気圧は40psiを超えないように調整してください。そして、ハンドピースその自身の温度が室温に戻ることも確認しておいてください。

2.使用中:エアーの気圧は40psiを超えないように使用しながら確認してください。使用中できるだけバルクバーや、ロングバーをつかわないようにしてください。そして、摩損したバーを使用しないでください。もし、摩損したバーを使うと、ベアリングを壊したりすることがよく起こりますので、ぜひご注意ください。

3.使用後:滅菌前にはまず洗剤でハンドピースを流して洗浄してください。注意すべきなんですが、滅菌温度は135°を超えないように、滅菌前に温度を確認してしてください。そして、滅菌後直ちに高圧蒸気滅菌器 歯科用からハンドピースを出して、専用密封袋で保管してください。もし、滅菌後注油が必要な場合は、二三滴オイルだけで結構です。

4.週ごとにメンテナンス:週ごとに一度軸のことを洗浄してください。

5.シーズンごとにチェアの空気乾燥器やフィルターなどをチェックししてください。

6.軸交換:軸を交換する前にまずは洗剤でハンドピースを掃除してください。そして、定期的にOリングネジ、そして固定パーツを交換してください。

歯科用ハンドピースの消毒滅菌理由は?

ハンドピースとは歯を削る時に使う歯科器材です。交差感染を予防するため、ハンドピース消毒滅菌しなければいけません。まずは消毒と滅菌の違いを説明いただきます。

消毒は病原性のある微生物をある程度殺すことです。一般的にはアルコールや消毒液を使います。人体に有害な菌を消毒できない場合があります。滅菌とはすべての細菌を死滅させることです。消毒に対し、滅菌は非常に効果的なものです。

ハンドピース 歯科 滅菌は使用頻度が高く、唾液・血液による汚染が多いものです。圧力をかけ空気と水を噴射するため、停止直後に負圧が発生し唾液や血液を内部に吸い込みます。あるハンドピースには逆流防止装置がついていますが、完全に逆流防止することができません。外側を消毒しても問題は内部の残留物なので、これは滅菌が必要不可欠理由と言えます。

しかし、滅菌が時間がかかるため、ハンドピースを多く持っていないと対応ができません。そして、ハンドピースの価格が高くて、滅菌を繰り返すことでハンドピースの故障が起こるため、滅菌されている歯科医院が少ないのです。アルコール消毒だけという歯科医院が多いです。

普通の消毒滅菌流れを紹介します。まず、使用されたハンドピースをアルコールで清掃後、ハンドピース自動洗浄注油機器を使ってハンドピースの内部まで洗浄注油を行います。

それから、オートクレーブという滅菌器で細菌やウイルス等を完全滅菌します。再感染を防ぐため、完全滅菌されたハンドピースをバッキングして放置します。

今日は、簡単にハンドピースの消毒滅菌についてことを紹介いたしました。皆さんご一読いただければ幸いと思います。よろしくお願いいたします。

歯科用拡大鏡をどのように選択するの?

新たな歯科用ルーペを選択する時に、大事なことは適当的に拡大倍数及び正しい距離を選択する。このように保証できるのは技術者が仕事している時の人工工学の快適を保つ。正しい姿勢は目のストレスを減られる、肩と背中の緊張感を避け、ストレスをためないように、頭痛を引き起こす。

以下のいくつの方面は歯科用ルーペを選択の主要な要素:

1、拡大倍数ー適当的に拡大倍数をどのように選択する?

2、仕事距離ー仕事距離をどのように確認する?

3、フレームサイズーフレームサイズをどのように選択する?

4、視野ー視野をどのように調整する?

5、奥行きー奥行きをどのように調整する?

6、装着レンズ(矯正レンズ)ーもし自身装着レンズはどうする?

7、重量ー両眼ルーペの重さ、

弊社の歯科用ルーペは以上の要素を解決できるし、良い品質を保証、提供し、もしご興味を持てれば、歯科用ルーペを一覧ください、ほかの歯科用品の興味があれば、歯科機器卸売のホームページをご覧下さい。

新しい虫歯予防法3DS

3DSは、Dental Drug Delivery System (デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称で、今世界中で話題の抗菌剤による新しい虫歯予防法のことです。3DSとは、安全かつ確実に抗菌剤やフッ素等を歯面に塗布する除菌法です。この方法により、虫歯を効果的に予防する事が出来ます。(虫歯診断装置)

虫歯は虫歯菌による感染症です。一度虫歯菌が住みついてしまうと、除去はなかなか困難です。虫歯菌を除去するためには、毎日の正しい歯磨きが不可欠ですが、残念ながらそれだけでは十分な虫歯予防とはいえません。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は棲んでいません。それが、他の人(主にお母様)からむし歯菌をうつされることによって、むし歯菌が棲みついたお口になってしまうのです。3DSは、母親の口の中の虫歯菌を除菌することにより、子供への虫歯菌の感染を減らす、全く新しい虫歯予防法です。

3DSは虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌を直接除菌する、根本的なむし歯予防法です。口の中全体に作用して虫歯菌単独を除菌していく方法で1度行うと、虫歯に悩むリスクが激減します。また

3DSの手順:

1. 上下の歯型を取りオーダーメイドのマウスピースを作成します。このマウスピースは何度も繰り返し使用できます。

2. PMTCを行います。 歯科衛生士が歯石をとる器具(超音波スケーラー 歯石除去)を使って,、歯と歯茎の徹底的なクリーニングを行います。

3. マウスピースの内側に専用の抗菌剤を塗ります。

4. 上下の歯に約5分間マウスピースを装着した後、お口をすすぎます。