エアタービンハ ン ドピー スの回転性能試験方法

高速 で回転す るエ アタービンハ ン ドピースの回転性能は切 削工具, 被削材の影響がない よ う, 切削工具のかわ りにテス トバ ーを, 被削材には耐摩耗性の 優れた 超硬合金を 用い, 負荷試験 に よって, その性能は評価 され る。 負荷試験 は図1に 示され るよ うな上下, 左右 の移動 に よって生 じる力を検知で きる支持台上 に被 削材 を固定 し, これに一定 の負荷方式に よって, テス トパ ーに押 しつけ力を与 えるものであ る。 ここに示 したものは回転。

す るテス トパ ーを一定 の速度 で降下 させ負荷 させる方式で, 定速度負荷方式 と呼ばれ るものであるが, このほか, 一定の荷重 で負荷す る定負荷方式も行われ る。 しか し, ここでは試験 の比較的容易な定速度 負荷方式に よ り, エ アター ビンハ ン ドピースの回転性能 と, さ らにはその切削性能について検討を加える。

負荷試験装置 は図1に 示 され るよ うに被削材の超硬合金は垂直力, 水平 力に対 してその力を計測できる支持台上に固定 され てい るため, エアタービンの回転力はテス トパーの押つけ力に よ り直接被削材に伝達 され る。 そ して, その ときテス トバーに加え られた荷重は垂直 力FN, 水平 力FHとテス トバーの回転 速度 の変化 とを連続的 に測定す
る ことが できる。

一方, テス トバ ーに加え られ る負荷の大きさに伴って変化す るバ ーの回転速度 は非接触の回転計を用いて, テ ス トバーに負荷 を与え ることな く,高速 で回転す るバ ーの回転速度 を連続的 に測定する ことが できる。図2は ここで実験を行 うため作製 したエアタービンハ ン ドピース回転性能 測定用 の負荷試験装置を示 した ものであ る。装置 は図2に 示 される ように上下に一定速度で移動 で きる可動支持部にエアター ビンハ ン ドピースが取 りつけてあ り, テス トバ ーの負荷に よって生 じるFN, FHは 支持 台の底部 でFNを, 支持 台左側 でFHを 測 定す る ようになってい る。なお, ここで検知 した荷重 の大 きさは測定時間の変化 と ともに同 じレコーダーに これを収録 し, その結果は 負荷時間の 変化を 変数にFN, FHが 容易に測定 され記録 できるようにな っている。

この装置で 回転性能を 正確に 測定す る ためには, 被削材を取 りつけた支持 台が抵抗 な く水平方向に移動 しうることが必要 で, そのためにここに試 作 した試験機 には ローラーベア リングを用い,な るべ く余分の抵抗 力が生 じない よ う考慮 した。また こ の よ う な装置では回転性能を表す垂直および水平力の測定 と回転速度 との関係が 同時に計測 され, しか も同 じ記録用紙に取 り出す ことが必要 で, このことに 関 しては 比較的容易に 計算でき, なおかつ, 測定結果は短時間で確認で きるよう配慮 した ものである。

歯科院内感染防止への対策

口腔外 バキューム
タービンによる切削時や、超音波スケーラー使用時には小水滴、細菌、切削粉塵等から構成されるエアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子)が発生します。

口腔外 バキューム

ゴーグル
あべ歯科クリニックでは術者、アシスタントは標準予防策(スタンダード・プリコーション)の考えに基づき、治療中に切削した金属片、歯質片が飛散して目に入る可能性や飛沫やエアロゾルから目を保護するため、医療事故防止という観点からのにゴーグルを装着しています。

歯科クリニック

各器具の滅菌処理
チェアの清掃
片付けワゴンの仕分け
歯科用消毒器具についた付着物の洗浄・除去
アルカリ水に浸漬(血液、たんぱく質の分解)
ブラシでの器具の洗浄
超音波→ニックマスター5分
仕分け・拭き上げ・乾燥
滅菌シート→オートクレーブ→殺菌灯保管

各器具の滅菌処理

3wayシリンジ
治療を始める前にユニットには、何も付いていない状態であることが大切です。
治療後はすべての器具を取り外します。器具にはハンドピースの他に、エアーや水を出すシリンジがあります。
これらは、拭きあげるだけで交換しない医院も未だに多く存在します。
当院では使用後はすべて取り外し、清潔なユニットで患者さんをお迎えいたします。

歯科用模型歯牙の試作 とその切削性評価

歯科医療教育機関の歯科医養成課程で医療技術の主項 目である 「切削」技術の修得実習には, 供給数 に制限のある天然歯牙に替 えて人工製造 した模型歯牙が多 く用いられている. 歯科用模型の基 材は有機樹脂系1)と無機セ ラミックス系に大別されるが, 実際の天然歯牙の切削感を持つ合成歯牙の製造は未だ達成されていない2).切削感は「硬 さ感」や 「粘 り感」などの微妙な感触の違いが,エナメル質や象牙質などの歯牙部位の違いによって現れ, 歯科医師や技工士の個人的感覚による良否の判断に負 うところが大きい. したがって, 切削特性 に再現性のある人工歯牙模型を作るには, 材料科学的観点か らの天然歯牙切削性の評価 と材料物性 との関連性の把握が必要である. 本実験では安価な数種の汎用陶磁器原料 を用いて, 実際 に物理的諸特性が異なるセ ラミックス模型歯牙を試作 した. 一般工業材料の摩耗特性評価試験法に準拠 して独 自に開発 した装置を用いて, これら試作歯牙 と天然歯牙 との切削性を比較検討することを 目的 とした.

試料作製には市販の一般陶磁器用原料である長石, ケイ石及びカオ リン粘土を用いた. 各原料粉体の特性の一部 を表1に 示す. 図1に 示す配合で 自動乳鉢 にて30minよ くか くはん混合後, 湿潤基準 で5mass%の 水分 を粉体に添加 し, 更 に30min混練 した合計5種 類の組成の異な る成形用素地を準備 した.模型歯牙 は水分混練素地を98MPaで 単純一軸加圧 して矩形(8×10×50mm) に成形 し, 105℃ で24h乾 燥後各種温度で焼成 した. 焼成条件は昇温速度5℃/min及 び最高温度で30min保持す ることとして, 試作歯牙の焼 き締ま りの程度を変化 させるために焼成温度 を (A) 1100℃ 及び (B) 1200℃ の2種 とした.したがって, 以後は試作歯牙試料名は図1中 の配合名数字 (①~⑤) に続けて焼成記号 (A及 びB) を後付け して表現 した.歯牙特性の基準 となる天然歯牙 には成人抜歯牙 (NT) を用いた. (歯科インプラント模型)

歯科のX線で病気になる心配は?

心配しなくても良い範囲です。
歯科医院でX線検査を受けるとき、被ばくが気になる方もおられるでしょう。そこで歯科のX線検査による被ばくのリスクについてお話ししましょう。現在線量の数値によって人体への影響があることが、さまぎまな研究者から、さまざまなデータとして開示されています。したがって、どれを信じるかは一人ひとりの判断にまかせるしかありません。
一言でいってしまえば「自然放射線量と比較したり、日常生活のレベルで考えて、歯科の放射線量は心配しなくてもよい範囲の線量です。ただしリスクがゼロではありません」。
ここにデンタルX線の撮影(歯科ポータブル式X線装置)、CT撮影の標準的な実行線量を示します。また、その線量が、一年間に私たちが受ける自然放射線の何日分にあたるか、X線検査が「日常的行為のリスクレベル」と比較するとどのよう評価されているかご覧下さい。
いかがでしょう、少しは安心していただけたでしょうか。

歯科のX線で病気になる心配は?

歯科CTで何がわかるか、なぜ取る必要があるのかご存知ですか?

根管治療の成功率は近年諸外国を中心に上がってきています。その理由は、モダンエンドドンティクスの3種の神器と言われる。CT、NiTi ファイル、マイクロスコープの登場によるとされます。
従来の二次元のレントゲン、ステンレスファイル、裸眼のものは従来のものとされ、それに対して、上記の3種の機器を使用したものをモダンエンドドンティクスなどと呼ぶことが多いようです。

歯科CTで何がわかるか

我が国ではよく聞く話ですが、経験と勘で治療はやるものだと・・・現代医学でそれは死語になりつつあります。
もちろん経験や勘の部分は少なからずあるのは事実です。しかし、経験と勘では治療結果の安定を得ることは難しいです。
医学はたまたまうまくいったとか、この人がやればうまくいくの要素をできるだけ排除すべきだからです。
そのため、術前にCTで解剖をはっきり確認し、NiTiファイルという根管の解剖を破壊しない器具を使い、勘ではなくマイクロスコープで直接見て行うことが重要です。

ラバーダム防湿はもちろんですが、プロトコルといわれる、ルールを守れば、多くの医師が経験に大きく左右されることなく、同じような結果を出せる可能性が高まりますし、そのようなことが求められるのが現代医学です。

CTがなぜ必要なのか考えて行きましょう。我々歯科医師にとってCTの3次元の画像は歯にどのような問題が起こっているか、どのような解剖なのかを知らせてくれます。
つまりわかりにくい地図とわかりやすい地図のような違いでしょうか。知らない土地もしくは外国に行くときにガイドもなし、地図もよくわからないものでは不安ではないですか???

———————–会社情報———————-
Oyodental.jpは、高品質の歯科レントゲン照射器歯科用デジタルX線センサーを提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております

入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。

メール:Oyodental.jp@gmail.com
公式サイト:https://www.oyodental.jp/

歯周病とは

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。

歯垢1mg中に約10億個の細菌がいるといわれており、楊枝(ようじ)の先に歯垢を取ると、その中にはおそらく何百億もの細菌がついていることになります。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。
歯石になってしまうと歯のお掃除の通院回数も増え、深い汚れを取るため少し痛みを伴うお掃除になります。

なるべくこまめに歯のお掃除に来るようにしてください.

歯周病菌の動画

歯周病菌の動画


———————–会社情報———————-
Oyodental.jpは、高品質の歯科ベンディング プライヤー
歯科 矯正用プライヤーを提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております
入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。
メール:Oyodental.jp@gmail.com
公式サイト:https://www.oyodental.jp/

小児矯正(顎顔面矯正)とは

子供の歯並びで悩まれてる方は非常に多いと思います。当院でも宇治市・城陽市・久御山・京都市とたくさんの方が来院されますが歯並びの相談は地域差なく受けます。

小児矯正(顎顔面矯正)とは

歯並びが悪い大きな要因として顎の骨の不調和があります。その不調和によって引き起こされる病気は歯並びだけでなく日常生活にも及ぶことがわかっています。

顎の不調和を治す方法が顎顔面矯正です。一言でいうと顎を大きくする矯正治療です。何故、顎を大きくすることが必要なのかというと顎の小さなお子さんが非常に増え、それが原因となる合併症もでてきているからです。

当院では見た目の歯並びだけでなく呼吸も改善することによりお子さんの健康な成長の手助けができればと考えています。この治療方法は顎の成長をコントロールする為、治療開始時期が非常に重要になります。早めのご相談お待ちしてます。

———————–会社情報———————-
Oyodental.jpは、高品質の歯科矯正用器具・(カッティング プライヤー, リムービング プライヤー)を提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております

入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。

メール:Oyodental.jp@gmail.com
公式サイト:https://www.oyodental.jp/

歯の神経(歯髄)を抜けば、歯の痛みは治まるのか?

虫歯が進行するとの神経(歯髄)が炎症を起こし、歯髄炎が生じて歯が痛みますが、悪化すると歯髄を抜かない限り痛みは治まりません。歯髄を抜くことを抜髄といいます。

抜髄後、歯髄が入っていた空洞(根管腔)をキレイに掃除して詰め物をすると(根管充填)、痛みを感じる歯髄は既に存在しないため、痛みは消失します。このように根管腔をきれいにして根管充填するまでの一連の治療を根管治療といい、適切な根管治療をしてもらうことが重要です。

根管治療後、何日くらいで痛みが改善するかを調べた報告があります (1)。根管治療前、治療24時間後、1週間後を比較してみると、治療前の痛みは24時間後に改善し、1週間後には最小化しました。

拡大視野下での治療における科学的根拠(エビデンス)

マイクロスコープを使用した根管治療の中で、外科的にアプローチした治療は、マイクロスコープなしの治療と比較して治療成績が良いことを示す論文があり 2)、根管治療においてはマイクロスコープの有用性は高いとされています。(詳細は「ラバーダムやマイクロスコープは、根管治療の成功率に影響しますか?」参照)

それに対して、虫歯治療において拡大鏡(歯科用ルーペ)やマイクロスコープを使用する拡大視野下での治療の結果と裸眼での治療の結果とを比較した論文は存在するのでしょうか?論文検索をしたところ、残念ながら明確なエビデンスがある状況とは言えませんでした。

拡大視野下と裸眼での虫歯に対する診察と診断の正確さに差があるか?を調べた論文では、拡大視野下と裸眼での診察と診断の正確さには差が出ないということを示しています 3)。つまり、拡大鏡(ルーペ)やマイクロスコープの使用と裸眼とでは、虫歯の発見には大差がないということです。

そして、拡大視野下と裸眼の虫歯治療の結果の違いを示す高いエビデンスレベルの論文は存在しませんでした。つまり拡大視野下で虫歯治療すれば、良い結果が得られる可能性が高まるとは明確に示されていないのが現状です。 歯科用マイクロスコープ

好きな時間にホワイトニング~ホームホワイトニング

「ホームホワイトニング」とは、歯科医から指導を受け、ご自宅にて患者さまご自身が行うホワイトニングのことを言います。

患者さまの歯並びにフィットしたマウストレーを作成し、それに低濃度のホワイトニング剤を注入して装着するだけ。手軽にできるのが特徴です。

毎日2~8時間装着しているだけで、1週間程度で歯が白くなっていきます。寝ている間でも治療できるため、忙しい方にもオススメできる治療法です。

ホームホワイトニングのメリット>
・低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
・透明感のある自然な白さを得ることができる
・ご自身のペースでホワイトニングができる
・後戻り(リバウンド)が少ない
・比較的安価である

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果発現が遅い

ホームホワイトニングの手順】

  1. まず、歯科医が歯と歯ぐきが健康な状態であるか診察します。過去につめたものを取り換えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。
    ホームホワイトニング01
  1. 歯科医が作製した患者さま用トレーにジェル材を流し込みます。
    ホームホワイトニング02
  1. 歯を磨き、トレーを口に入れます。
    ホームホワイトニング03 歯科ホワイトニング装置