ホワイトニングの安全性について

ホワイトニングの際に最も見られる副作用としては、飲食物の温度変化に対する知覚過敏症です。しかしこの知覚過敏症は一時的なものであり、歯の神経にダメージを与えることはありません。また、ホワイトニング中におこる知覚過敏症は、冷水痛や擦過痛を伴ういわゆる象牙質知覚過敏症とは異なります。 薬剤の主成分である過酸化尿素が歯肉・軟組織に触れると、軽いやけどのような症状をおこすことがあります。このような症状は短時間で消えますので、心配することはありません。

さて、弊店の高品質歯科用ホワイトニング機器DY-01を紹介します。

ホワイトニング機器DY-01は土台とキャスター付、移動に便利な歯科用ホワイトニング装置です。6本LED光源は最大6000mW/cm²以上の照度を提供しています。機器作動に関するデータはLCDスクリーンに確認することができます。

主な仕様:
電圧:100~240V 50~60Hz
光源:LEDライト(6pcs)
光の波長:420nm~490nm
照度:maximum>6000mW/cm²
設定できる照射時間:10s,30s,1m,2m,5m,8m,10m,15m,20m,30m
包装サイズ:115*50*13
総重量:約16Kg

弊店では、歯科用ホワイトニング機器の他、歯科用スケーラーなどもあります。是非、当サイトへようこそ。

タービンの豆知識

タービンは主に歯を削るなど多くの用途で幅広く使われています。

他の器具と比べ動力源が空気圧を利用しているところが特徴的です。

車やジェット機のタービンと働きは同じで圧縮空気をホースの先端へ送り、先端のプロペラ部(ローター)で刃が回転します。

30万〜50万回転/分と高速回転で歯を削ります。

タービンを実際に使って見ると歯は他のどの器具よりも削りやすく、短時間で歯の削りが終わります。

さて、弊店のYUSENDENT歯科用ライト付き高速タービンハンドピース(カップリング付き)CX207-GN-SPを紹介します。

特徴

1.ledライト付き

2.カップリング付き

3.3点スプレー

4.NSK製品と交換可能

5.標準ヘッド

弊店では、タービンハンドピースの他、コントラアングルなどもあります。是非、当サイトへようこそ。

歯科用無影灯について

オペ室には、大型無影灯が不可欠です。インプラントなどの手術の時に使います。影のない、明るい手術を確保するには欠かせない設備です。

さて、弊店の歯科医療手術用LED無影灯KD-2012D-3土台付き、スタンド式を紹介します。

仕様:
電圧:AC90~240V 50~60Hz
光源:LEDランプ(12個)
消費電力:36w(3w*12)
輝度調整可能
色温度:5500±500K
照度:40000lx
ランプ寿命:約50000h
本体質量:約9Kg
包装体積:1040*335*230mm

弊店では、歯科用無影灯の他、歯髄診断器などもあります。是非、当サイトへようこそ。

生体情報モニタに関すること

心電図・非観血式血圧・動脈血酸素飽和度・体温・呼吸等を測定できる装置を導入して、オペ時の容態変化をしっかりモニタリングしています。

さて、弊店のCONTEC® CMS5100歯科.医療用生体情報モニタ赤、黄色LED搭載を紹介します。

CMS5100患者モニタはNIBP(非観血的血圧測定 )を採用し、ヘモグロビン検査技術とボリューム脈波計技術を組み合わせて、血酸素を測ることができる機器です。収縮期血圧、拡張期血圧、平均血圧、酸素飽和度脈拍数など数値は精確に測量可能です。外形は精巧で、高機能で、簡単かつ便利な操作で、各級病院、コミュニティ医療や家庭に適合します。

特徴
●成人、小児および新生児など全年齢層に適用するオールラウンドの監視機器。簡単な操作で高いコストパフォーマンス。
● 内科、外科、手術室、ICU/CCU、救急処置室、産婦人科と小児科に適用。
●再充電可能なリチウムポリマー電池内蔵で、途切れない監視を確保できる。
●柔軟なデザイン性でコンパクトな外観。携帯便利で、室内と屋外(救急車)の監視に適している。
●ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持つ
●ディスプレイ2.8” (320×240)TFTカラー液晶と赤、黄色LED搭載。
●収縮期血圧(SYS)、拡張期血圧(DIA)、平均血圧(MAP)、酸素飽和度(SpO2)、脈拍数(PR)5つのパラメーターが可視および可聴アラーム搭載。アラームの上、下限値は自分で設定することができる。
●ユニークなフラッシュメモリ内臓。最大2000 NIBPデータまたは30000SpO2データの記憶装置。
●測定データの検索や問い合わせる機能で便利かつ迅速である。24時間対応のNIBPトレンドグラフと20時間以内のSpO2および脈拍数(PR)トレンドグラフを表示できる。

弊店では、歯科用生体情報モニタの他、集塵機 歯科用などもあります。是非、当サイトへようこそ。

インプラントの話

歯がなくなった部分の骨の中にチタン製の歯科手術用無影灯の元でインプラントを埋め込んで、そこに人工の歯を連結させる方法です。

メリット

両隣りの歯を全く触ることなく、なくなった部分のみを補うことができます。骨の中に直接フィクスチャーを埋め込むため、ブリッジよりもさらに硬いものまで噛んでいただけるようになります。固定式のため、いちいち取り外すわずらわしさがございません。見た目がよく、自然感のある仕上がりになります。違和感や異物感なくお使いいただけます。

デメリット

フィクスチャーが骨と完全に結合するまでに数カ月間待たなければいけませんので、その分治療期間は長くかかります。インプラント機器でインプラント治療をお受けいただくために手術をお受けいただかなければなりません。 骨の状態によっては、インプラント治療が受けられない場合があります。

虫歯治療によく使う器具

タービンハンドピースで取り除くと削る時に歯質の硬さの違いがわかりにくく健康な歯を余分に削ったり虫歯を取り残したりします。

また切削熱もかなり高温で大きな虫歯を取り除いた後に熱刺激により歯髄炎を起こして歯の神経を取らなくてはならない事が多いです。

マイクロモーター 歯科は回転速度を変えられるのでより低速に調整すれば柔らかくなっている虫歯部分のみ取り除くことができますし切削熱もほとんどでません。

またスプーン状の器具も柔らかい虫歯のみ削れて熱を与えないので大きな虫歯を 取り除いた後に歯髄炎を起こしにくく歯の神経を取らなくて済む確率が飛躍的に上がります。
後者はできるだけ歯を削らないようにすると同時に歯に熱刺激を与えないので歯の神経を取らないで済む可能性が高くなります。

口腔内カメラについて

今どの歯を治療しているんだろう?何か詰めてもらったけど、どんな感じなの?と思っても、治療中に自分でお口の中を見ることはできません。そこで小さなカメラをお口の中に入れてモニターに映し出し、実際に画像をご覧いただくのが口腔内カメラです。ご自身のお口の中を客観的に見ていただく事で、現状と今後の治療に関する情報を共有し、同じ目的に向かって歩んでいければと思っています。

それでは弊店のMLG®歯科用口腔内カメラCF-683A (USB&OTG&TV)を紹介します。

特徴

1/4 CMOS 200万ピクセル口腔内カメラ
高解像度、高性能、高感度及びオートフォーカス功能付き
コンパクトなデザイン、簡単に使用とフォーカス
6つ高輝度長寿命白い光LED
2ボタンで全部の機能をコントロール
二つの撮影角度があり、高画質で明るく鮮明に映し出す
USBケーブルからパワーを提供する
USBでコンピューターに接続され、OTGケーブルでAndroid Smart phone とTablet pcに接続されて使用可能。
デュアル出力、直接TV機能付きのAVモニタやテレビに接続されて使用可能。
ドライバーが必要ない、直接コンピュータに接続して使用できる。AAA電池からパワーを提供する。
解像度:1200 *1600

弊店では、弊店では口腔内カメラ 歯科用の他、ホワイトニング装置などもあります。

 

ホワイトニングが無理な人

人工の歯を白くしたい人

歯科用ホワイトニング照射機器によってのホワイトニングは生きている歯でないと全く効果がありません。人工の歯や入れ歯などは出来ないので注意しましょう。それでも、プラスチックやセラミックの歯を白くしたいのであれば、歯医者さんに行きクリーニングするのか、詰め物自体を取り替えるしかありません。

妊娠中や授乳中の人

理由としては胎児への影響が分かっていないためです。直接調べる方法がない為に、必ず安全と言い切る事も出来ないので指針として禁止となっています。

未成年の方は注意が必要

18歳以下の場合は、これから成長する歯に影響する場合が考えられるので、ホワイトニングには向きません。歯の検査次第になりますが、14歳未満の場合は特に注意が必要です。歯の表面のエナメル質が十分な大きさになっていないことがあり、薬剤などで影響を受けやすいと考えられています。

虫歯や歯に亀裂がある人

虫歯治療とホワイトニングを同時にやる事は、あまりおすすめではありません。ホワイトニングで使用する薬剤には、虫歯治療の後に入れる詰め物との密着度が不安定になるからです。なかには同時にやってくれる医院もありますが、強い痛みを感じる虫歯や亀裂の入っている歯がある場合などは、治療後にしたほうが良いです。

 

根管長測定器について

根管治療をする際、根管内の構造を正確に知る必要があります。ですので、根管長測定器が必要です。そこで、弊店のWoodpecker®Woodpex3-Gウッドペクス根管長測定器を紹介します。

特徴:

複数周波数インピーダンス測定技術により、歯の形態、根管口、ファイルの太さ及び根管内部状況などの影響を受けずに素早く正確に測定してくれます。

根管内部ファイルの移動状況はリアルタイム処理し、ディスプレイに表示します。

根管の狭い部分を拡大表示機能を搭載しています。不十分な充填・充填しすぎることを有効的に避けられます。

折り畳み型で視角を調節することができます。

弊店では、根管長測定器 歯科の他、根管治療モーターなどもあります。是非、当サイトへ、ようこそ。

歯髄炎症について

歯髄とは、歯の内部にあって神経・血管・その他の組織からなり、通常は歯の神経といわれています。歯髄とは、歯の内部にあって神経・血管・その他の組織からなり、通常は歯の神経といわれています。主な役割は、歯の各部に栄養を送り込んだり、むし歯などの病気の警告を発したりすることです。歯髄がなくなると、これらの機能を失うことになります。

むし歯を放置したために、歯髄までむし歯菌が侵入した場合。  さらに進行し、歯髄が死んでしまい歯根の先まで病気が及んだ場合。この段階で、歯を残すために歯髄の治療を行います。

歯髄治療手順

歯髄の状態を確認します。(歯科レントゲン機器歯髄診断器など)

炎症を起こしている場合には、歯髄を取り除きます。

神経・血管が通っていた管をきれいに拡大・清掃します。

消毒された歯髄の管に薬剤をつめます。