セルフケアに気を付けること

前準備をしっかりしておく
歯ぐきが腫れていたり出血していると、スケーラー 歯科用によってさらに症状を悪化させてしまう可能性があります。スケーラーをする日の2週間前から、歯磨きの際に歯ぐきも優しくマッサージしたり、デンタルフロスで歯と歯のすき間の歯垢を取り除いておきましょう。セルフで行うには、プロとはちがい念入りな前準備が必要です。

スケーラーはしっかり消毒しておく
口の中に入れるものですから、アルコールや煮沸、子供用の消毒液などでスケーラーはしっかりと消毒しておきましょう。歯医者さんでは、滅菌処理された超音波スケーラーを使用しています。セルフの場合は滅菌までできませんから、せめて消毒はしっかりと行うことが大切です。

スケーラー使用後の消毒はしなくてOK
スケーラーで歯石を除去し終えたら、お口の中を消毒するのではなく、口をよくすすぐだけで大丈夫です。傷をつけたあとは、消毒ではなく洗い流すのが良いというのが現在の治療に対する考え方なのです。

専門機器を使用してのセルフケアは、危険もつきものです。歯石除去をする際は、これらのことをしっかりと行い、少しずつ丁寧にゆっくりと行いましょう。

感染根管治療について

感染根管むし歯が深くなり歯髄炎を起こしていてもそのまま治療しないでいると、歯髄の組織が細菌により殺されてしまいます。所謂、神経が死んでしまった状態です。こうなると、歯髄の細胞による免疫力が失われてしまっているので、根管内で細菌がどんどん増殖し、虫歯菌や歯周病菌だらけになります。また、すでに神経を取った歯でも、根管内に細菌が進入すると、同じような状態になります。


感染した細菌が根の管の中から歯を支える骨の中へ感染が広がっていき、根尖性歯周炎という病気を引き起こします。根尖性歯周炎になると、歯ぐきが腫れて、歯痛が出たり、骨が溶けて歯がぐらぐらになり、ついには抜歯してしまわないといけない状態になります。
根管診療器具で感染根管治療とは、歯の根の管の中の細菌や汚染物を取り除き、根尖性歯周炎を抑えていく治療です。抜髄と違い、すでに細菌に感染してしまっている状態から無菌的な状態を作り出していかなければいけないので、飛躍的に処置の難易度が上がります。

抜髄も感染根管治療も、根の管の中を無菌にし、根尖性歯周炎が再発しない状態にすることが成功といえるでしょう。

処置後のメンテナンスも重要です。抜髄・感染根管治療の処置が成功し、精度の高い土台やかぶせが入った歯でも、後々のメンテナンスが悪く、むし歯が再発してしまったら結局根の管の中に細菌が入り込んでしまいます。やはり定期的に歯科医院へ行って、歯科治療機器で検査してもらうほうがいいでしょう。

レントゲンの色々なこと

歯科レントゲン機器は外科だけでなく、歯科でもとても重要なのです。歯と歯の間や、見えない顎の部分など、診察しただけではわからないところをきちんと治療するためにはレントゲン写真が必要になります。

親知らずの抜歯を経験したことがある方なら、かならずとったことがあると思われるのが、パノラマレントゲン写真と呼ばれるものです。

もっと詳細な診察のため、鮮明な画像が必要なときは、デンタルという小さいレントゲンをとります。一気に撮影できる範囲は限られていますが、その分、細かいところまでみることができるのです。

他にも矯正のときにはセファロというレントゲンを撮影することがあります。正式名称は頭部X線規格写真といって、一定の規格の従って撮影された頭部のレントゲンです。正面からとる「正面頭部X線規格写真」と横からとる「側面頭部X線規格写真」があります。このセファロにおいては、一定の規格が決められているので、治療の前と後の比較を行うことが簡単にできます。矯正も時間がかかる治療ですから、このセファロによって、その矯正過程を確認することができるのです。

これらに加えて、顎関節をみたいときは断層撮影という種類のレントゲンをすることもありますし、インプラントや根管診療器具によっての根管治療などで3次元的に歯の状態を知りたいときにはCTを利用することもあります。CTだと保険の適用外のこともあります。

 

 

歯科用虫歯診断の精度を上げる

先日、できるだけ削らない虫歯治療には、3つのことが必要だと書きました。

①削る前の虫歯のマネジメント(原因療法と再石灰化療法)

②削るか削らないかの適切な診断

③削る場合のミニマルインターベンション(最小限の侵襲)

できるだけ削らない虫歯治療を行う場合には.(歯髄診断器 歯科)

②の診断が非常に重要で、難しくなると言えます。

削らずに経過を診ていたら、内側でかなり進行しているという場合があるからです。

虫歯として怪しいものはすぐに削る治療を行うというような場合よりも、虫歯の見逃しが多くなってしまうというジレンマがあります。

できるだけ削らない虫歯治療を行う場合には、このような進行虫歯の見逃しを避けなければなりません。

私達が目指す目的は、虫歯を削らないことではなく、私達の介入により、その歯をできるだけ良い状態で長持ちさせることです。

従って、削った方が良い場合には、的確に診断し、勇気を持って削る決断をしなければなりません。

しかし、その診断は非常に難しい場合がありますので、

私達は、いくつかその診断基準を持つようにしています。

その一つとして、当院ではデジタル画像診断器を用いています。

当院では、いくつか診断器の種類がありますが、

最近は、ケスラースカムという画像診断器を用いることが多くなっています。

これは、虫歯菌の産生するポルフィリンという物質を検出して虫歯の範囲という深さを画像と数値で検出してくれます。

歯科用虫歯診断の精度を上げる
この歯を、ケスラースカムを使用すると次のようになります。

数値が1.5以上の部位は、進行虫歯で、再石灰化は難しい部分だと考えられています。

従って、虫歯を削ることを選択することになります。

もちろん、これがすべてではありませんが、有益な情報となります。

また、患者さんにとっても、

なぜ削らなければならないかを視覚的に認識できるので、

分かりやすくて安心するという声を頂いています。

色が着いてるだけなのか、本当に除去しなければならない虫歯なのかを根拠を持って診断できます。

数値が1.5以上の部位は、進行虫歯で、再石灰化は難しい部分だと考えられています。

従って、虫歯を削ることを選択することになります。

もちろん、これがすべてではありませんが、有益な情報となります。

また、患者さんにとっても、

なぜ削らなければならないかを視覚的に認識できるので、

分かりやすくて安心するという声を頂いています。

色が着いてるだけなのか、本当に除去しなければならない虫歯なのかを根拠を持って診断できます。

このようなケスラースカムを用いることにより、虫歯診断器の精度が上がりました。

『本当に歯を削らなければなりませんか?』

という患者さんの疑問に、明確に回答できるようになりました。

削る必要がある場合には、ミニマルインターベンションの概念の下、できるだけ削る量を減らした治療を行います。

当院では、このような進行虫歯に対しても、ドリルを使用せずに、痛みなく治療することができるようになりました。

その治療方法についてはまた後日ご紹介致します。

詳細を見る:

https://www.oyodental.jp/