これから歯医者に求められる 院内感染対策とは?

一般的な滅菌、衛生対策について
歯科治療の場合、一般的に使用した歯科機器は滅菌もしくは消毒をしてから、次の患者さんに使用することになります。
歯医者に来院した時に、トレーの上に乗っている基本セットは滅菌のパックに入って滅菌していますし、その他の器具も金属のものはほとんど滅菌してあることが多いです。

使い捨て
また、院内感染予防として「ディスポーザブル」のものを使用することが多くなりました。 ディスポーザブルとは使い捨てのことで「手袋」「紙コップ」「エプロン」などは唾液や血液が飛ぶ可能性も高く、患者さん1人1人交換している所も増えてきました。
また滅菌に使用される機械も日々改良されており、短時間でしっかりと滅菌することができる機械も増えてきました。

診療空間を清潔に
そして空気に飛沫してしまう部分は、医療用の空気清浄器を使用して空気中に飛んでしまうものに関してもしっかりと対策する所が増えてきています。
感染対策を行っている医院か確認することもポイントです
この様な取り組みは感染対策でとても重要ですし、安心安全を求めることは、患者さんのニーズの中で大きくなってきているので、今後も取り組んでいく所がどんどん増えてくると言われています。
そんな中で歯医者選びをする際には、院内感染対策がしっかりと行われているかも確認しておくと良いでしょう。HPでも院内感染対策をどの様に行っているか記載している所が増えているので調べてみましょう。 歯科用消毒機器

智歯抜歯時の薄い骨壁への対応

智歯を抜歯して時間が経ってから、その際に折れたと思われる薄い骨壁が出てくることがあります。この場合、患者に痛いと言われなければ取らなくてもよいのか、もしくは絶対に取るべきなのか、抜歯時に偶発する事象なのかも含めてお教えください。

A抜歯後に認める薄い骨壁は、抜歯時の歯槽骨骨折の骨片と思われます。
抜歯に伴う偶発症として、歯槽骨骨折、ドライソケット、異常出血、神経損傷、歯根の迷入などが挙げられます。抜歯に伴う歯槽骨骨折は、骨の比較的薄い上下顎前歯部や下顎智歯舌側部に好発すると報告されています1)。

智歯抜歯時の薄い骨壁への対応

無理な力を加えて乱暴に抜歯したり、挺子の挿入部位を舌側にするなどの行為によって起こります。歯槽骨骨折は術後疼痛の原因となり、小骨片が腐骨化し疼痛が持続することが多いため、遊離した骨片は原則的に除去する必要があります。

骨片が極めて小さく炎症を伴わない場合に限り、麻酔をせずに除去することは可能ですが、一般的には局所麻酔下での除去がよいでしょう。骨片が比較的大きく、骨膜が付着している場合には、骨片の除去に際し骨膜を丁寧に剥離する必要があります。骨片除去後には創部を縫合し、安静にします。とくに下顎智歯部舌側の骨片の場合、骨片舌側には舌神経が走行しているため、神経を損傷してしまう危険性があります。そのため、術後のダメージを考慮し、口腔外科への紹介も必要です。

時の歯槽骨骨折を含め、偶発症を起こさないためには術前評価が重要です。抜歯を行う歯の位置、方向、埋伏の状態、動揺や歯冠崩壊の程度を評価します。また、X線写真で、歯根の数、長さ、肥大、離開や彎曲の程度や歯根周囲の骨硬化の状態も評価します。埋伏歯の場合、深度や角度の評価も行います。また、CT画像では、頬舌側歯槽骨の厚さや下歯槽管との位置関係を確認できます。

抜歯の際、適切な器具の選択や丁寧な手術手技がとくに重要です。抜歯鉗子による抜歯は、歯周組織の損傷が少なく抜歯力が調節しやすい利点があります。挺子による抜歯では、楔作用、回転作用、てこ作用を利用しますが、挺子先端が歯根と歯槽骨の間に挿入されないと、過度な力により歯槽骨骨折を起こす原因となってしまいます。抜歯後に残存する鋭利な骨縁などは、血行障害を引き起こし、腐骨片の原因となるため、破骨鉗子や骨ヤスリで歯槽骨の形態を整形する必要があります。以上のように、綿密な術前計画と丁寧な術中操作を心がけることにより、抜歯時の偶発症を、可能な限り避けることができます。(リムービング プライヤー

歯周病診査・診断を重視した患者ごとに最適な治療を

高橋デンタルオフィスでは、周病治療を重点にかみ合わせの安定と確保を治療の目標に置いている。30歳以上の成人約80%が罹患している歯周病は、歯槽骨が破壊される段階まで病状が進むとブラッシングだけでは完治しない。高橋院長は「歯周組織は適切な咬合で育まれる機能的な器官であり、かみ合わせのバランスなしに安定は成立しません」と語る。

歯周病は生活習慣病でもあることから原因が個人個人で違い、オーダーメードの治療が求められるという。そのため、診査・診断を重視し、あらゆる方向から口腔内を検査する歯科用CTなどの検査機器を揃えている。「長期的に最適な判断をするためにも患者さんの口腔内全体を正確に把握しなければなりません」

従来の歯周病治療は歯肉を切開して歯根に付着している歯石を取り除く切除療法で、歯周組織の再生は期待できなかった。しかし、現在では特殊な膜や骨成長因子などを用いた歯周組織再生療法が確立されている。

歯周病診査・診断を重視した患者ごとに最適な治療を

各分野の知識・技術を用い総合的な治療を提供する
近年、患者の価値観やQOLの向上に伴い、高水準の歯科治療が求められている。高橋院長は患者の要望すべてに高度な治療で対応できるよう、矯正、歯周、補綴、外科などの知識を駆使して一人の患者の問題を総合的かつ合理的に解決する方法を取る。これは、インターディシプリナリーアプローチという、欧米で一般的な考え方に基づくものだ。

それを実行するため、矯正治療や歯科麻酔といった専門性の高い分野は専門医を呼んで対応する。さらに、歯科技工士との連携も重視して歯科技工所を医院に併設。治療計画の段階から歯科技工士に相談したりすることで、より患者の口腔内に適した被せものなどを作製する。感染管理対策にも非常に力を入れており、医科レベルの滅菌消毒が可能な機器を導入して安全性の高い歯科医院を目指している。

「適切な治療を行えば、高い確率でかみ合わせの安定は得られます。あとは定期的に検診を受ければ口腔内の健康を長期的に保てます」と高橋院長は語る。全身の健康のためにも長期的な視点を持って受診し、医師による最大限のサポートを受けるようにしたい。(歯科矯正用器具

歯の色でお悩みの方へ

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする、天然の歯にやさしい審美治療です。エナメル質と象牙質の境界部分に蓄積した着色を漂白し、あなたの歯本来の白さを取り戻します。
より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を診査し、虫歯や歯周病が見つかった場合は治療を行い、健康な状態にしてからホワイトニングを行います。
さらの木歯科では、ご自宅で気軽に行えるホームホワイトニングをご利用いただけます。

安心の術前診査・安全で確実な施術


自宅で手軽にホワイトニング
ご自宅でホワイトニングを行う方法です。
まず、準備のためにご来院いただき、あなたの歯列にあった専用の カスタムトレー(マウスピース)をお作りいたします。その後、このトレーとホームホワイトニングキットをご自宅へ持ち帰り、医院での指導内容に従ってご自分のペースで施術を行います。就寝前、または就寝中に毎日2時間使用し、約2週間程で良好な結果をもたらします。

歯ハンドピースを削る機械のこと

タービン

タービンは主に歯を削るなど多くの用途で幅広く使われています。

他の器具と比べ動力源が空気圧を利用しているところが特徴的です。

車やジェット機のタービンと働きは同じで圧縮空気をホースの先端へ送り、先端のプロペラ部(ローター)で刃が回転します。

30万〜50万回転/分と高速回転で歯を削ります。

タービンを実際に使って見ると歯は他のどの器具よりも削りやすく、短時間で歯の削りが終わります。

しかしその反面、精密な歯の削りの場合などでは刃がブレたりと良い面だけではありません。

5倍速コントラ

タービンが空気圧で動くものに対し、5倍速コントラはマイクロモーター 歯科と呼ばれる歯科用モーターによって動く機械です。

最大で20万回転/分まで回転しますが、実際に5倍速コントラを使う方は2万〜4万回転/ではないでしょうか。

用途はタービンと同じ歯を削る時に使用します。

低速コントラ

低速コントラアングルは主に歯を磨くためのPMTCクリーニングなどで先端に専用の清掃器具(ロビンソンブラシ、ラバーカップ)をつけて使用します。

回転数は3千〜1万回転/分で行います。

またタービンや5倍速で歯を削った後の最終仕上げ、研磨などにも使用したり、

差し歯や詰め物の調整を口の中で行う場合も低速コントラを使います。

回転数は1万5千回転以下/分で行います。

ストレートハンドピース

ストレートハンドピースは主に差し歯や詰め物、入れ歯などをお口の外で調整する時に使用します。

ネイルをされていたりアクセサリーを作る方も全く同じような器具を使っています。

回転数はだいたい2万回転以下で行います。

Source:https://blog.oyodental.jp/2017/07/18/歯を削る機械のこと/

LED光重合器を選択するための基準

私たちの歯科医院が使用しているLed光重合照射器は修復過程で感光性樹脂を重合して、ある美白処理を加速します。長期にわたる修復を達成するためには、充分な重合は不可欠です。それは以下の要因によって決まります。
例えば:光源のパワー、露出時間、ライトの品質、インシデンスと距離、エネルギーと熱の出力。

歯科用光重合照射器を選択するための基準



まず、光重合照射器を正しく選択するための基準として、あなたは自分自身に次の質問をするべきです:
あなたが購入したい光重合照射器はどのくらいの出力パワーを持っていますか?そして、それはあなたのクリニックのニーズを満たしていますか?


常用ですか?ランプは重合中に発熱しますか?
ワイヤレスですか? 充電にはどれくらいかかりますか?

私たちはあなたに最も適した光重合照射器を選ぶことを助けるために、いくつかのアドバイスを提供します。そして、あなたに現在市場で入手可能なベストないくつかの選択をお勧めします。光重合照射器は出力パワー、ライトガイドチップの直径、放出される熱量によって特徴付けられます。

専門家の助言によると、10秒に複合材料を重合して、間接修復で歯の構造を通すために、少なくとも 1,000 mW/cm2が必要です。しかしながら、直接修復であるなら、適切な光重合照射器は少なくとも 400 mW/cm2 の出力パワーが必要です。(歯科重合器用ライトチップ)

Source: https://www.oyodental.jp/article-1106-歯科用光重合照射器を選択するための基準.html
 

従来の歯周病治療との違い

心にも身体にもやさしい治療
今までの周病の治療は、歯や歯の根に付着した歯垢(プラーク)や歯石を専用の器具で除去したり、ひどい場合には歯茎を切開する外科治療が主流でした。その方法は、歯科医師による技術や患者さまご自身の歯みがきの仕方によって左右され、場合によっては治療をしてもなかなか治らないことが多くありました。
しかし歯周内科では、薬を飲んで治す方法のため痛みを伴わず、治療期間も短いので心身ともに負担が少なくてすむため、ラクに歯周病を治せる画期的な治療法なのです。

従来の歯周病治療との違い

歯周病治療の流れ
1.位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認する
位相差顕微鏡にて、お口の中の細菌の種類や数を検査します。
歯周病菌が多いのか、あるいはカビが多いのか、細菌の種類と数が分からないと薬の選択ができないため、位相差顕微鏡できちんと確認することが効果的な治療を行うための重要なポイントです。

2.治療方法の選択
検査結果を元に、患者さまに合った治療を行います。
カビも細菌も多い
抗菌薬内服・抗真菌薬(またはカビに効く歯磨き剤)で歯磨き
カビが多い、細菌は少ない
抗真菌薬(又はカビに効く歯磨き剤)で歯磨き
カビも細菌も少ない
感染予防のためのメンテナンスと定期検診。

3.除菌後の歯石取り
細菌やカビを取り除いた後、専用の器具を使って歯や歯の根の表面をツルツルにして、歯石や汚れの再付着を防ぎます。

4.再発予防のためのメンテナンス
除菌後の良い状態を維持させるためにも定期的なクリーニングが必要になります。
カビや細菌は、何もしないで放っておくと容易に再感染し増殖する危険があります。
再感染を起こさないためにも、定期検診でお口の状態を確認し、予防に効果的なPMTCに加えて3DSなどを用いたケアをおすすめします。

関連記事: http://www.xiuxinagk32.wv.to/

これは歯科ライトの考慮事項と要因の分けです

これは歯科ライトの考慮事項と要因の分けです:

YUSENDENT®反射型歯科治療用照明LEDライト-センサー付スイッチCX249-21


光の要因 – LED歯科用照明灯
日光強度は約2,000か100,000 Luxまで変動します。
日光色温度は 2,000から 27,000 Kelvinまで変動します。
しかし、ほとんどの場合、日光は 4000K ~ 7000Kの間です。
3000K 未満はウォームホワイトで、 3400 – 4500K はクールホワイトです。
低い温度はリラックスに使用されます。
高い温度は集中するのに使用されます。



ライトの影響
完全に増やしたライトに適応するには、約6分かかります。
ライトは一日の終わりにあなたの体の疲れに影響します。
光のコントラストが高いと、疲労と目の疲れ増やします。
約20,000 Luxに達するまで、視覚活動は光強度と共に増加します。
違いが大きいほど、目の調節のプロセスがより激しくなります。
視力は年齢とともに低下します。  高齢者はより多くの光が必要です。
 

YUSENDENT®歯科手術用反射型センサー付無影灯歯科治療用照明LEDライトCX249-22



歯科医にとって、手術灯は注意するべきところ:歯科手術用無影灯
歯科医とアシスタントは少なくとも毎分2回、見上げて口腔から離れます 。
歯は4,500 Kelvinの日光の下で最もよく見られます。
手術灯は通常、約20,000 Luxを発します。
手術灯の演色性は90パーセント以上であるべきです。
周囲照明と作業照明の比率は1:5ということをお勧めします。
5,200 Luxに達成するには、ライトは換気する必要です。
手術を最適な光レベルに維持するために、窓はフィルムやブラインドで覆う必要であるかもしれません。
標準部屋のライトは約200~700 Luxです。
待合室は300~400Luxです。
照明は年齢とともに減少しますので、蛍光灯は毎年、交換する必要があります。

Source:https://www.oyodental.jp/article-1104-歯科手術室と患者待合室は点灯する時に私は何を考慮するべきですか.html

一般歯科医へのインタビューで技術面の差別化を知る

患者さんだけでなく付き合いのある一般歯科医にもインタビューを行いました。一般歯科の現場で、矯正治療が必要な患者さんに当院を紹介している方です。

専門は多少違えど、歯のプロです。「なぜその先生たちが本事例のデンタルオフィスを紹介するのか」という理由を探ることは、特に技術面での強みや患者さん視点では気づかない細かな対応など、他院との差別化につながる意見を聞き出せます。

一般歯科医へのインタビューで技術面の差別化を知る

インタビューでは、

なぜ自院の患者さんに本事例のデンタルオフィスを紹介するのか?
他の矯正歯科医院と比較してどうなのか?

にフォーカスして聞いていきました。そうすることで、本事例の技術力の高さや、選ばれる真の強みがわかります。
インタビューからわかる「真の価値」

インタビューを行うことは、とてもシンプルな取り組みですが、アクセス解析ではわからない顧客(エンドユーザー)の生の声がわかるので、コンテンツマーケティングに非常に有効な手段です。

顧客理解を深めることで、顧客が矯正歯科を選ぶ「決め手」がわかります。本事例の場合、次のようなことを聞くことができました。

他院では矯正前に抜歯しないといけないといわれたが、先生は私のライフスタイルに合わせてメリット・デメリットを含めたうえで複数の治療プランを提案してくれた
実は他院にも行ったが、他院よりも価格が高かったけど治療プランが明確で安心できた

これらの「決め手」は、インタビューをしなければわからない本院の「真の価値」、「自社の強み」といい換えることができます。

歯周病・虫歯を予防できます

一般的に、被せ物の治療をすると歯周病や虫歯になりやすくなると言われています。

歯周病・虫歯を予防できます

被せ物はあくまで「人工物」。
そのため、被せ物と歯肉の間には、目に見えないほどの小さな「隙間」が生じます。
その隙間から歯周病菌や虫歯菌が入り込むことで、歯周病・虫歯リスクが高まるのです。(ルートキャナルメーター)

しかし、BTAテクニック®では、その隙間(被せ物と歯肉の隙間・歯周ポケット)をほとんどなくしてしまうため、歯垢の付着を防ぎ、歯周病菌・虫歯菌が入り込みにくくなります。同時に、殺菌作用のある滲出液が歯と歯肉の間を洗浄・殺菌するため、悪さをする細菌を排除し、いっそう虫歯・歯周病予防につながるようになります。