歯科マイクロモーター性能の見方

電圧:
電圧とは、電池などの電源が持つ電気を流そうとする力のことで、Vという単位で電池に表示してあります。
使用電圧範囲とは、このマイクロモーター 歯科技工を使うことができる電圧の範囲です。この範囲より高い電圧で使うと過度に発熱したり、寿命が短くなったりします。また低い電圧では性能を十分に発揮することができません。
適正電圧とは、このマイクロモーターの性能を発揮するのに最も適した電圧のことです。

負荷(トルク):
モーターのシャフト(軸)を回す力または軸の回転を止めようとする力のことを負荷(トルク)と言います。 負荷をどんどん大きくしていくと、モーターの回転は遅くなりいずれは止まってしまいますが、これは発熱や焼損が起こるとても危険な状態です。
適正負荷とは、マイクロモーターを最も効率よく使うためにふさわしい荷重のことです。負荷(トルク)。


【単位】
mN·m ミリニュートン・メートル
gf·cm グラムフォース・センチメートル
(1gf·cmは約0.098mN·m)

回転数:
マイクロモーターのシャフト(軸)が回る回数を表しています。
無負荷回転数とは、モーターに負荷がかかっていない時の回転数です。
r/minという単位は、1分間あたりの回転数を表しているので、例えばFA-130RAなら無負荷時で1秒間に143回以上回るということになります。
適正電圧・適正負荷時の回転数とは、マイクロモーターに最も適した電圧・負荷で使用した時の1分間あたりのモーター回転数です。

【単位】
r/min アールパーミニット

電流:
電気の流れる量を表します。
適正電圧・適正負荷時の消費電流とはマイクロモーターに最も適した電圧・負荷で使用した時に、歯科技工用器具モーターに流れる電流の値です。

【単位】
A アンペア
mA ミリアンペア(1A=1000mA)