歯科院内感染防止への対策

口腔外 バキューム
タービンによる切削時や、超音波スケーラー使用時には小水滴、細菌、切削粉塵等から構成されるエアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子)が発生します。

口腔外 バキューム

ゴーグル
あべ歯科クリニックでは術者、アシスタントは標準予防策(スタンダード・プリコーション)の考えに基づき、治療中に切削した金属片、歯質片が飛散して目に入る可能性や飛沫やエアロゾルから目を保護するため、医療事故防止という観点からのにゴーグルを装着しています。

歯科クリニック

各器具の滅菌処理
チェアの清掃
片付けワゴンの仕分け
歯科用消毒器具についた付着物の洗浄・除去
アルカリ水に浸漬(血液、たんぱく質の分解)
ブラシでの器具の洗浄
超音波→ニックマスター5分
仕分け・拭き上げ・乾燥
滅菌シート→オートクレーブ→殺菌灯保管

各器具の滅菌処理

3wayシリンジ
治療を始める前にユニットには、何も付いていない状態であることが大切です。
治療後はすべての器具を取り外します。器具にはハンドピースの他に、エアーや水を出すシリンジがあります。
これらは、拭きあげるだけで交換しない医院も未だに多く存在します。
当院では使用後はすべて取り外し、清潔なユニットで患者さんをお迎えいたします。