歯科のX線で病気になる心配は?

心配しなくても良い範囲です。
歯科医院でX線検査を受けるとき、被ばくが気になる方もおられるでしょう。そこで歯科のX線検査による被ばくのリスクについてお話ししましょう。現在線量の数値によって人体への影響があることが、さまぎまな研究者から、さまざまなデータとして開示されています。したがって、どれを信じるかは一人ひとりの判断にまかせるしかありません。
一言でいってしまえば「自然放射線量と比較したり、日常生活のレベルで考えて、歯科の放射線量は心配しなくてもよい範囲の線量です。ただしリスクがゼロではありません」。
ここにデンタルX線の撮影(歯科ポータブル式X線装置)、CT撮影の標準的な実行線量を示します。また、その線量が、一年間に私たちが受ける自然放射線の何日分にあたるか、X線検査が「日常的行為のリスクレベル」と比較するとどのよう評価されているかご覧下さい。
いかがでしょう、少しは安心していただけたでしょうか。

歯科のX線で病気になる心配は?