歯科CTで何がわかるか、なぜ取る必要があるのかご存知ですか?

根管治療の成功率は近年諸外国を中心に上がってきています。その理由は、モダンエンドドンティクスの3種の神器と言われる。CT、NiTi ファイル、マイクロスコープの登場によるとされます。
従来の二次元のレントゲン、ステンレスファイル、裸眼のものは従来のものとされ、それに対して、上記の3種の機器を使用したものをモダンエンドドンティクスなどと呼ぶことが多いようです。

歯科CTで何がわかるか

我が国ではよく聞く話ですが、経験と勘で治療はやるものだと・・・現代医学でそれは死語になりつつあります。
もちろん経験や勘の部分は少なからずあるのは事実です。しかし、経験と勘では治療結果の安定を得ることは難しいです。
医学はたまたまうまくいったとか、この人がやればうまくいくの要素をできるだけ排除すべきだからです。
そのため、術前にCTで解剖をはっきり確認し、NiTiファイルという根管の解剖を破壊しない器具を使い、勘ではなくマイクロスコープで直接見て行うことが重要です。

ラバーダム防湿はもちろんですが、プロトコルといわれる、ルールを守れば、多くの医師が経験に大きく左右されることなく、同じような結果を出せる可能性が高まりますし、そのようなことが求められるのが現代医学です。

CTがなぜ必要なのか考えて行きましょう。我々歯科医師にとってCTの3次元の画像は歯にどのような問題が起こっているか、どのような解剖なのかを知らせてくれます。
つまりわかりにくい地図とわかりやすい地図のような違いでしょうか。知らない土地もしくは外国に行くときにガイドもなし、地図もよくわからないものでは不安ではないですか???

———————–会社情報———————-
Oyodental.jpは、高品質の歯科レントゲン照射器歯科用デジタルX線センサーを提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております

入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。

メール:Oyodental.jp@gmail.com
公式サイト:https://www.oyodental.jp/