従来の歯周病治療との違い

心にも身体にもやさしい治療
今までの周病の治療は、歯や歯の根に付着した歯垢(プラーク)や歯石を専用の器具で除去したり、ひどい場合には歯茎を切開する外科治療が主流でした。その方法は、歯科医師による技術や患者さまご自身の歯みがきの仕方によって左右され、場合によっては治療をしてもなかなか治らないことが多くありました。
しかし歯周内科では、薬を飲んで治す方法のため痛みを伴わず、治療期間も短いので心身ともに負担が少なくてすむため、ラクに歯周病を治せる画期的な治療法なのです。

従来の歯周病治療との違い

歯周病治療の流れ
1.位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認する
位相差顕微鏡にて、お口の中の細菌の種類や数を検査します。
歯周病菌が多いのか、あるいはカビが多いのか、細菌の種類と数が分からないと薬の選択ができないため、位相差顕微鏡できちんと確認することが効果的な治療を行うための重要なポイントです。

2.治療方法の選択
検査結果を元に、患者さまに合った治療を行います。
カビも細菌も多い
抗菌薬内服・抗真菌薬(またはカビに効く歯磨き剤)で歯磨き
カビが多い、細菌は少ない
抗真菌薬(又はカビに効く歯磨き剤)で歯磨き
カビも細菌も少ない
感染予防のためのメンテナンスと定期検診。

3.除菌後の歯石取り
細菌やカビを取り除いた後、専用の器具を使って歯や歯の根の表面をツルツルにして、歯石や汚れの再付着を防ぎます。

4.再発予防のためのメンテナンス
除菌後の良い状態を維持させるためにも定期的なクリーニングが必要になります。
カビや細菌は、何もしないで放っておくと容易に再感染し増殖する危険があります。
再感染を起こさないためにも、定期検診でお口の状態を確認し、予防に効果的なPMTCに加えて3DSなどを用いたケアをおすすめします。

関連記事: http://www.xiuxinagk32.wv.to/