これは歯科ライトの考慮事項と要因の分けです

これは歯科ライトの考慮事項と要因の分けです:

YUSENDENT®反射型歯科治療用照明LEDライト-センサー付スイッチCX249-21


光の要因 – LED歯科用照明灯
日光強度は約2,000か100,000 Luxまで変動します。
日光色温度は 2,000から 27,000 Kelvinまで変動します。
しかし、ほとんどの場合、日光は 4000K ~ 7000Kの間です。
3000K 未満はウォームホワイトで、 3400 – 4500K はクールホワイトです。
低い温度はリラックスに使用されます。
高い温度は集中するのに使用されます。



ライトの影響
完全に増やしたライトに適応するには、約6分かかります。
ライトは一日の終わりにあなたの体の疲れに影響します。
光のコントラストが高いと、疲労と目の疲れ増やします。
約20,000 Luxに達するまで、視覚活動は光強度と共に増加します。
違いが大きいほど、目の調節のプロセスがより激しくなります。
視力は年齢とともに低下します。  高齢者はより多くの光が必要です。
 

YUSENDENT®歯科手術用反射型センサー付無影灯歯科治療用照明LEDライトCX249-22



歯科医にとって、手術灯は注意するべきところ:歯科手術用無影灯
歯科医とアシスタントは少なくとも毎分2回、見上げて口腔から離れます 。
歯は4,500 Kelvinの日光の下で最もよく見られます。
手術灯は通常、約20,000 Luxを発します。
手術灯の演色性は90パーセント以上であるべきです。
周囲照明と作業照明の比率は1:5ということをお勧めします。
5,200 Luxに達成するには、ライトは換気する必要です。
手術を最適な光レベルに維持するために、窓はフィルムやブラインドで覆う必要であるかもしれません。
標準部屋のライトは約200~700 Luxです。
待合室は300~400Luxです。
照明は年齢とともに減少しますので、蛍光灯は毎年、交換する必要があります。

Source:https://www.oyodental.jp/article-1104-歯科手術室と患者待合室は点灯する時に私は何を考慮するべきですか.html