一般歯科医へのインタビューで技術面の差別化を知る

患者さんだけでなく付き合いのある一般歯科医にもインタビューを行いました。一般歯科の現場で、矯正治療が必要な患者さんに当院を紹介している方です。

専門は多少違えど、歯のプロです。「なぜその先生たちが本事例のデンタルオフィスを紹介するのか」という理由を探ることは、特に技術面での強みや患者さん視点では気づかない細かな対応など、他院との差別化につながる意見を聞き出せます。

一般歯科医へのインタビューで技術面の差別化を知る

インタビューでは、

なぜ自院の患者さんに本事例のデンタルオフィスを紹介するのか?
他の矯正歯科医院と比較してどうなのか?

にフォーカスして聞いていきました。そうすることで、本事例の技術力の高さや、選ばれる真の強みがわかります。
インタビューからわかる「真の価値」

インタビューを行うことは、とてもシンプルな取り組みですが、アクセス解析ではわからない顧客(エンドユーザー)の生の声がわかるので、コンテンツマーケティングに非常に有効な手段です。

顧客理解を深めることで、顧客が矯正歯科を選ぶ「決め手」がわかります。本事例の場合、次のようなことを聞くことができました。

他院では矯正前に抜歯しないといけないといわれたが、先生は私のライフスタイルに合わせてメリット・デメリットを含めたうえで複数の治療プランを提案してくれた
実は他院にも行ったが、他院よりも価格が高かったけど治療プランが明確で安心できた

これらの「決め手」は、インタビューをしなければわからない本院の「真の価値」、「自社の強み」といい換えることができます。

歯周病・虫歯を予防できます

一般的に、被せ物の治療をすると歯周病や虫歯になりやすくなると言われています。

歯周病・虫歯を予防できます

被せ物はあくまで「人工物」。
そのため、被せ物と歯肉の間には、目に見えないほどの小さな「隙間」が生じます。
その隙間から歯周病菌や虫歯菌が入り込むことで、歯周病・虫歯リスクが高まるのです。(ルートキャナルメーター)

しかし、BTAテクニック®では、その隙間(被せ物と歯肉の隙間・歯周ポケット)をほとんどなくしてしまうため、歯垢の付着を防ぎ、歯周病菌・虫歯菌が入り込みにくくなります。同時に、殺菌作用のある滲出液が歯と歯肉の間を洗浄・殺菌するため、悪さをする細菌を排除し、いっそう虫歯・歯周病予防につながるようになります。