インプラントの話

歯がなくなった部分の骨の中にチタン製の歯科手術用無影灯の元でインプラントを埋め込んで、そこに人工の歯を連結させる方法です。

メリット

両隣りの歯を全く触ることなく、なくなった部分のみを補うことができます。骨の中に直接フィクスチャーを埋め込むため、ブリッジよりもさらに硬いものまで噛んでいただけるようになります。固定式のため、いちいち取り外すわずらわしさがございません。見た目がよく、自然感のある仕上がりになります。違和感や異物感なくお使いいただけます。

デメリット

フィクスチャーが骨と完全に結合するまでに数カ月間待たなければいけませんので、その分治療期間は長くかかります。インプラント機器でインプラント治療をお受けいただくために手術をお受けいただかなければなりません。 骨の状態によっては、インプラント治療が受けられない場合があります。