根管治療に必要な器具

根管治療とは進行した虫歯に対して行う治療です。一般には「神経治療」とか、「歯の根の治療」などと呼ばれています。
虫歯の原因となる細菌が歯の内側の神経に入り込むと、歯がズキズキ痛くなったり、顔が腫れたりといった症状が出ます。自然治癒することはなく、放っておけば細菌によって歯の内部や歯を支えるアゴの骨が溶け、いずれは抜歯をしなければなりません。

それでは、当サイトのYUSENDENT®歯科用C-Fillペン式歯科根管材料電気加熱注入器を紹介します。

C-Fillは新たな歯科根管材料電気加熱注入器です。軽くて、加熱が速く、使いやすいのは特徴です。チップも4種類用意しており、ガッタパーチャポイントはしっかり圧縮することができます。

主な仕様:
アダプタ電源入力:AC 100~240V 50~60Hz
アダプタ出力:DC 5V 2.4A
バッテリー:3.7V 2800mAH
加熱時間:2S
加熱温度:160℃/200℃
チップは135℃までオートクレーブで滅菌可能

根管材料電気加熱注入器の他、ガッタパーチャカッターなどもありますので、是非当サイトへようこそ。