インプラント矯正のメリット

抜歯をせずに矯正治療をできる場合がある

インプラント矯正を行うことによって今までの矯正治療よりも、歯に強い力をかけることができます。そのため移動距離が大きくできるために今まで抜歯をして行っていた治療を、抜歯をせずにできる場合があります。しかし、全てが抜歯せずに治療ができるわけではないので、詳しいことは矯正検査後、歯科医に相談してみてください。

矯正の治療期間を短くできる

インプラント矯正で行うと矯正装置を付けている期間を短くすることができます。インプラント矯正は歯を動かしたい位置に移動させることができます。動かした歯が戻ってしまったり、動かしたくない歯が動いてしまったりすることがないため、矯正の期間を短くすることができるのです。

複雑な装置を使わないで済む

今までの矯正治療は歯を動かす時に残っている歯と引っ張り合いをしながら行っていました。そのため残っている動かしたくない歯を矯正用の装置で固定します。この固定装置は違和感や話しにくさ、虫歯になりやすいなどのデメリットがあります。矯正用のインプラントはインプラント機器が小さいためこのようなデメリットが解消されます。

動かしたい歯だけを動かすことができる

部分矯正など一本だけ歯を動かしたい場合にもインプラント矯正は効果的です。今までの矯正治療のやり方では一本の歯を動かすのに多くの歯に矯正器具をつける必要があります。インプラント矯正の場合は動かしたい歯だけに歯科矯正用器具をつけるために違和感が少なく治療ができます。