根管治療の流れについて

神経の治療とは、虫歯の進行してしまった歯や、折れてしまった歯の神経を抜いて、その後、歯の中にある神経の通っていた管をきれいに清掃・消毒する治療です。
また、神経が死んでしまった歯が感染を起こして、歯ぐきが腫れてうみが出てしまった時も、歯の中の神経の管を消毒して治療します。また、歯髄診断器などで、歯髄の状況が把握できます。

麻酔をしてから、虫歯を削って歯の神経を取ります。
リーマーなどの根管診療器具を使い、手作業で神経を取り除きます。
その後、薬で歯の管の中を洗浄します。洗浄が終わったら、根の中に薬を詰め、次回の治療まで仮の蓋をしておきます。
手作業で神経を取る→洗浄→薬を詰めるという治療を、歯の管の中がきれいになるまで数回繰り返します。
完全に歯の管の中がきれいになったら、管の中に最終の薬を詰めて、再び感染しないよう、根管内を封鎖します。
神経治療では、最初に麻酔をして神経を抜き、その後根管内を洗浄して清掃することを何度かくり返して、歯の根の管内をきれいにします。
完全にきれいになったら、ゴムのようなものを管に詰めて封鎖します。