インプラント治療にメンテナンスが必要な理由

インプラントはおおまかにいうと、人口のネジを顎に打ち込む治療です。

とても雑な言い方になりますが、顎の骨とインプラントというネジのようなものが骨で直接つながっているだけです。

徐々に骨の周囲に組織ができて、インプラントと骨がくっつきますが、非常に弱く、組織的には結合していない状態という意見の研究もあります。

そのため、インプラントと骨は感染するとすぐにとれてしまうという欠点があります。

一方、歯は骨と直接つながっているわけではありません。歯根膜と呼ばれる組織を介してつながっています。

歯根膜はクッションの役割や歯周病菌が感染したときも、免疫細胞が集まり、初期であれば歯周病菌から歯を守ってくれる役割も担っています。

ところがこの歯の防御の要でもある歯根膜はインプラントにはありません。

そのため細菌が侵入してくれも、防御機構がないので、あっという間にインプラントを打ち込んだ骨周囲には感染が広がります。

さらに、歯根膜は痛みを感じる神経があるので、感染した時点で体に違和感を伝えますが、インプラントはその痛みを伝えることができないので、どんどん感染を拡大させてしまいます。

そのためインプラント機器でインプラント治療を受けた人で専門のメンテナンスを受けていないと、痛くないのにいつの間にか骨が露出してきて、気づいたら、インプラントがグラグラで抜くしかなくなっていた、ということがあります。

このように腫れても痛みがないので、重症になった状態で、どうにかしてほしいという人が今増えています。

このようにインプラントは、天然の歯のように防御機構がないですから、完璧な治療ではありません。

だからこそ、普段の歯磨きのちょっとした磨き残しでも、天然の歯であれば歯周病を予防できても、インプラントではそうはいかないのです。

歯ブラシだけではとりきれない、細かい汚れも専門の歯科医療機器で定期的にメンテナンスすることで、インプラントを感染などのリスクから守らないといけません。ですから、インプラントは治療後のメンテナンスも大切です。

レントゲンの色々なこと

歯科レントゲン機器は外科だけでなく、歯科でもとても重要なのです。歯と歯の間や、見えない顎の部分など、診察しただけではわからないところをきちんと治療するためにはレントゲン写真が必要になります。

親知らずの抜歯を経験したことがある方なら、かならずとったことがあると思われるのが、パノラマレントゲン写真と呼ばれるものです。

もっと詳細な診察のため、鮮明な画像が必要なときは、デンタルという小さいレントゲンをとります。一気に撮影できる範囲は限られていますが、その分、細かいところまでみることができるのです。

他にも矯正のときにはセファロというレントゲンを撮影することがあります。正式名称は頭部X線規格写真といって、一定の規格の従って撮影された頭部のレントゲンです。正面からとる「正面頭部X線規格写真」と横からとる「側面頭部X線規格写真」があります。このセファロにおいては、一定の規格が決められているので、治療の前と後の比較を行うことが簡単にできます。矯正も時間がかかる治療ですから、このセファロによって、その矯正過程を確認することができるのです。

これらに加えて、顎関節をみたいときは断層撮影という種類のレントゲンをすることもありますし、インプラントや根管診療器具によっての根管治療などで3次元的に歯の状態を知りたいときにはCTを利用することもあります。CTだと保険の適用外のこともあります。

 

 

歯石を除去するための選択

初めて歯科用スケーラーを扱う場合、歯の表面や歯茎を傷つけないように慎重に行わなければいけません。もし傷つけてしまった場合、虫歯菌に感染するリスクが生じてしまいます。

曲がりの違うが特徴のスケーラー

両端に曲がりが異なる歯石除去器具がついている「両頭スケーラー」があります。このタイプのスケーラーは多くの医療機関で使われています。品質も良く、歯石を除去する2つの先端部分の曲がりが異なっているのが特徴です。また、超音波スケーラーもスケーラー一種です。

用途に使い分けられる2タイプのスケーラー

歯石除去を自分で行うときは、歯石の付着した場所によって使用する器具を使い分けてみるのも効果的な手段です。

先端部分の形状が尖っているタイプのスケーラーは細かいところの歯石を取るのに適していますし、先端部分の形状が平べったくなっているタイプのスケーラーは平らな表面の歯石を除去するのに適しています。でも、やはり、歯科病院へ行く方が、より安全です。

根管治療の流れについて

神経の治療とは、虫歯の進行してしまった歯や、折れてしまった歯の神経を抜いて、その後、歯の中にある神経の通っていた管をきれいに清掃・消毒する治療です。
また、神経が死んでしまった歯が感染を起こして、歯ぐきが腫れてうみが出てしまった時も、歯の中の神経の管を消毒して治療します。また、歯髄診断器などで、歯髄の状況が把握できます。

麻酔をしてから、虫歯を削って歯の神経を取ります。
リーマーなどの根管診療器具を使い、手作業で神経を取り除きます。
その後、薬で歯の管の中を洗浄します。洗浄が終わったら、根の中に薬を詰め、次回の治療まで仮の蓋をしておきます。
手作業で神経を取る→洗浄→薬を詰めるという治療を、歯の管の中がきれいになるまで数回繰り返します。
完全に歯の管の中がきれいになったら、管の中に最終の薬を詰めて、再び感染しないよう、根管内を封鎖します。
神経治療では、最初に麻酔をして神経を抜き、その後根管内を洗浄して清掃することを何度かくり返して、歯の根の管内をきれいにします。
完全にきれいになったら、ゴムのようなものを管に詰めて封鎖します。